読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今と未来を繋ぐもの

10年間コブクロを聴いてきた奴がジャニヲタに目覚めた記録

落し物をTwitterにあげないで!!

ちょっともう前々から思ってたけど減らないから言いたい。

落し物を拾ったからってTwitterにあげないでください!!


よくコンサート当日とかになると
拡散希望】○○コンサート××会場でICカードの落し物がありました。○○のケースです。アリーナ○列×番で拾いました。責任を持ってお預かりしておりますので心当たりある方はリプかDMお願いします。 #○○魂

ハッキリ言いたい。
ありがた迷惑。

本来、会場での落し物はその会場の落し物預かり場所(だいたい出口近く)一箇所に集められる。
そこで、預けてくれた人からスタッフがどこに落ちていたかを聞き、落し物の特徴を確認する。その公演が終わるまではその場所でずっとスタッフによって管理される。

落とした人は最寄りのスタッフに落し物集約所の場所を聞いてその場へ行けば、スタッフに特徴を言うだけで返却してもらえる。
その日中に気付けばその日中に返却が可能なのだ。

それなのに、客個人が落し物を預かることによって、落とした人はスタッフに聞いても「そんな落し物は届いていない」と言われ返却の機会を逃すのである。

落とした人が預かった人に気付くためには、
Twitterをしていなければならない
Twitterで落し物を検索しなければならない
・うまいことRTで回ってくるまで何日も待たなければならない

気付いたあとも
・預かってくれた人と連絡が取れるまで待たなければいけない
・連絡が取れた後会いに行かねばならない
・その日中に連絡が取れなかった場合、別日にわざわざ会いに行かねばならない。

面倒が増えただけではないか?それだけではない。

その落とし主が見つかるまで預かり主は適切に管理してくれるのだろうか。
3日見つからなければ、一週間見つからなければ、一ヶ月見つからなければ、勝手に貰ったり、無くしてしまったり、捨ててしまったりしないだろうか。

勝手に預かった人はそこまでの責任を負うつもりなのか?
本当に思いやりがあるなら、是非とも会場スタッフに預けてほしい。



しかし、スタッフに預けたらTwitterにあげていい、ということではない。
とにかくTwitterにあげないであげてほしい。

先ほど書いたように、落し物預かり場所は落し物の特徴を言えばその場で返してもらえる。

つまり、Twitterで特徴を事細かに呟いたり、写メをあげることで他人もその落し物の特徴を知ることができてしまう。
もちろん個人情報の多い携帯や財布とかならほいそれと返さず名前確認とかいろいろするだろうけれども、
それがグッズなら…?ポーチなら…?ロッカーの鍵なら…?個人を特定する方法がないので簡単に成りすまして落し物を受け取ることが可能になる。

拡散すればするほど、その落し物を受け取りネコババすることができる人が増えるのだ。


実際にTwitterで拡散されたものを見て、落し物が見つかったケースもあるだろう。身近でも知っている。

公演1部終了後ケータイが無いことに気付く→3部に入った際に会場に確認するも見つかっていない。→結局その日はそのまま帰宅→後日Twitterで発見→拾い主とDMし無事返ってきた。

美談だ。しかし実は拾い主は2部公演時、座席に挟まっていたケータイを見つけていた。見つけていたが、そのまま預かり2部公演開演、公演に夢中になり、かかってきていた落とし主からの連絡に気付かなかった。

スタッフに預けていたらどうだっただろうか。

公演1部終了後ケータイが無いことに気付く→2部 座席にケータイが落ちていることに気付く →スタッフに預ける→3部に入った際に会場に確認する。届いていた。見つかる。
あっさり帰ってきたのでは無いだろうか。


もし良かったら
・落し物はスタッフもしくは警察に預ける。
・写メは取らない。
・特徴を詳細にTwitter書かない。

以上の点に気をつけてほしい。

Twitterに載せること全てが悪ではない。
何をどこに預けたか
やるならこれだけでいい。

ケータイをドームの係員に預けた
これだけでいい。もしかして私のかもしれないと落とし主が思い、確認に行く程度のものでいい。拡散されなくても無くした本人は自分で会場に警察に問い合わせるのだから。情報を載せすぎてはいけない。

落し物をTwitterに載せる危険性によかったら気が付いてほしい。


追記
公演会場での落し物は当日中なら入口出口付近、後日なら会場もしくはたまにイベンター(主催者)が預かります。
後日落し物に気付いた場合はとりあえず別公演だろうが入口へ。スタッフさんがどこへ行けばいいとか、なんかしら対応案内してくれます。
会場にもよるでしょうがある程度の長期間は保管してくれるはずです。

それでも無ければ警察へ。会場付近以外の落し物は警察に届いてる可能性があります。
財布や定期を落とした場合、警察に届けば内容物から判断され電話がくることもあります。

私は横浜に遠征した際、定期入れを落としましたが、近鉄から連絡が来て横浜の警察に届いていることがわかりました。遠方で取りに行けないことを伝えたら所定の資料と送料分の切手を送ることで郵送してもらえました。(手続きに時間がかかり届くまで2週間くらいかかりましたが)
どこぞの知らん人に預かられるより、警察に預かってもらってる方が100倍安心します。ICカード止めずに済みましたし。良かったら参考にしてください。

以上長々と追記。