読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今と未来を繋ぐもの

10年間コブクロを聴いてきた奴がジャニヲタに目覚めた記録

「ジャニヲタ」に生まれ変わった日 

ジャニーズ

10年間コブクロを聴き続けていた女が、きっと踏み込むことはないだろうと思っていた世界に足を踏み込んでしまった話をしたい。 


 お題「ジャニヲタになったきっかけ」


それはある番組がきっかけだった。2014年元旦、新年早々まったく知らないバラエティを姉が見ていた。

キスマイBUSAIKU!?

なんじゃそら。キスマイってあのキスマイ?ジャニーズの?冠持ってたの?いろいろ疑問に思いながら腰を下ろしテレビを見た。エレベーターで男女がいちゃいちゃしていた。おそらく茶髪の男性の方はキスマイのメンバーなんだろう。女子の方は知らない。なんかやたらとコメントが飛び交ってる。なにこれニコ動みたい!

そう興味を持ち始めていた時、テレビの中の男性が動いた。

うわ後ろから抱きしめた。うわおしりふりふりしてる。なんだこれ口元がニヤける。家族と見るの恥ずかしいなうわあああキスしたあああああジャニーズすげえええ!!!

これがキスマイに興味をもったきっかけである。完全にこの番組にやられてしまった。なんなんだ「初詣一年ぶりだわ」って。*1あたり前だろ。あ、同じことコメントで出てきたすげぇ。このときめきと爆笑と共感を同時に提供してくれる番組に私は完全に夢中になってしまった。

しかし、ここではまだジャニヲタに片足も踏み込んではいない。ただ面白い番組とその出演者に出会っただけである。

私がジャニヲタの道を歩むまでには姉の2つの行動が影響していた。

1つ目、姉はこの元旦放送の「キスマイBUSAIKU!?」を録画していた。

そのため面白いと思うところを何度も何度も見た。おかげで名前だけ知っていた藤ヶ谷太輔くん・北山宏光くん・玉森裕太くんの顔を認識した。

しかし私は大阪在住、当時大阪は「キスマイBUSAIKU!?」の放送地域ではなかった。面白い番組はどうやら関東ローカルらしい。出たよ地方格差。と思って「キスマイBUSAIKU!?」を見ることは諦めていた。

そんなある日、姉が携帯を見ながらゲラゲラ笑っている。まあいつものことだと思っていたがその画面を盗み見た時驚いた。キスマイBUSAIKU!?である。姉は教えてくれた。「検索したら見れるよ」と。これが2つ目の影響を与えた行動だった。

ネット上に今までに放送された「キスマイBUSAIKU!?」がアップされている、それどころか放送終了後1日経たずに最新回がアップされている。昨今話題の違法アップロードというやつだ。

当時悪い子だった私はそれを見てしまった。しかも、正月SPの次に見たものがいけなかった。

舞祭組の軌跡 2013

-1年間の舞祭組シーン総決算-

これが死ぬほど面白かった。まだ内容もまともに見ていなくてもめちゃくちゃ笑えた。突然携帯を逆パカする男に戸惑い、「ワン!ワン!ワンワンワン!くぅ〜ん」でキモ可愛いという複雑な感情に悩まされ、「お前のこと、好きじゃねぇから」で水ぶっかけられて髪の毛wwwwとなり、「好きって逆から言ってみて…?…そう、キス…」で全身鳥肌が立った。気付くともう一度再生していた。

地方に放送しないテレビ局が悪いと言い訳しながらどんどん過去の番組も見てしまった。するとどうだ。めっちゃおもしろい。ゲラゲラ笑った。きゅんきゅんもした。面白い。とんでもなく面白い。こんな番組があったなんて。ジャニーズのくせに不細工集団だと思っていたキスマイのメンバーがこんなにもカッコよく見えるなんて。

片足を突っ込んだ瞬間だった。

では、もう片足はいつ突っ込んだのだろう。そこから日も浅いうちに私は毎日のように「キスマイ」の文字を検索欄に打ち込む事になった。「キスマイ 画像」「キスマイ 動画」次第にメンバー個人のことが気になっていった。おそらく初めに検索したのは彼だろう。「キスマイ 千賀」。上記したエレベーター回から彼を可愛いと思っていたからだ。そこからいろんなメンバーを検索していたと思う。

ある日「キスマイ 二階堂」と検索したときに予測変換で「キスマイ 二階堂 ブログ」と表示された。ジャニーズってブログやってんの?そう思った私はタップし検索結果を覗いた。なんだ。ファンのブログか。タイトルから痛々しい愛が伝わってくる。そう思いながらも覗いてみることにした。この瞬間である。

痛々しい愛を語るファンのブログにはなんだかすごいパワーが宿っていた。30分番組の中で好きな二階堂高嗣くんの表情をコンマごとに撮影し、コメントしている。暇なのか?マメなのか?よくわからないがものすごく好きなのは伝わった。なんだか面白いから過去の記事も読んでみることにした。こまめに更新されている。やたら写真をあげている。この雑誌のこの顔がかっこいい、この番組のこの顔が可愛い。画面から見切れている表情や小さく映ったものまで取り上げて語られている。すごい。なんかわからないけれどすごい。いちいちその画像に自分の名前を入れているところもなんだかすごい。(転載禁止という意味らしい)

多分この人A型じゃなくてB型だ。すごすぎる。

おもしろいから他の方のブログも読んでみた。一緒だ。書くことは違っていてもやたら写真を上げて、アツく愛を語っている。ジャニヲタすげえ。そう思っているうちに私に変化が起きていた。

あれ?なんだか二階堂高嗣くんが格好良く見えてきたぞ?

ジャニヲタのみなさんが上げた格好いい写真を見ているうちに、可愛い表情を見ているうちになんだか影響されてしまったようだった。それから「キスマイBUSAIKU!?」で二階堂高嗣くんを目で追うことが増えた。「二階堂高嗣 画像」で検索することが増えた。可愛い・格好いい、そう思い胸をときめかせることが増えた。びっくりだ。まさかファンのブログでファンになるなんて。

これでジャニーズの沼に両足を浸かってしまった私。しかしまだまだ「茶の間」と呼ばれる程度。出演するテレビや情報を追いかけたいな、と彼らのコンサートに行くことどころかCDすらも買うつもりはなかった。

この頃、私の友人がジャニヲタ化していた。元々嵐が好きでFCにも入っていた彼女は最近Sexy Zoneにハマったらしく、「今度みんなで遊ぶ前に集まって一緒にジャニショ*2行こう」と持ちかけてきたのだ。ジャニーズの写真を売っているお店なんて入ったことがない。興味だけで行ってみることにした。

中に入るととても混雑していた。いろんな女性が紙とペンを持ち必死の形相で写真を選んでいる。1枚160円という高いのか安いのかわからない値段の写真を1枚1枚見極め、紙にメモしている。私も見よう見まねで選んでみた。3枚。友人に驚かれた。友人は好きな子が写っているもの全種購入していた。こっちが驚いた。すごい世界だと思いながら買った写真を手帳に挟んで持ち帰った。

これが良くなかった。いや良かったのだろうか。

後日いつものように「キスマイ 動画」で検索していた私は一本の動画と出会う。

「バレンタインデーに好きな女の子からチョコをもらいました。その返答は?」

 どうやら「キスマイBUSAIKU!?」ではなくコンサート映像*3のようだ。キスマイが若い。藤ヶ谷太輔くんがすごい髪型をしている。おもしろいと思っていたらその時は突然訪れた。二階堂高嗣くんの解答である。

「えーチョコなんかいらない。お前欲しい」

電撃が走った

とんでもなく胸がうるさい  ドキドキしている  誰に?  彼に 

もう一度繰り返した

「えーチョコなんかいらない。お前欲しい」

 

ズドーン

雷が落ちた。脳天から足先まで一直線に撃ち抜かれた。

まじか。まじか。なんだこの格好いい男の子は。生意気そうででも頼りがいのありそうな言葉を放つこの男の子は。衝撃が走るってこのことか。まるで恋に落ちたみたいに。私の考えが覆った。

私、この子にお金払う。

その瞬間ライブDVDをAmazonヤフオクで購入した。

 

 

 

 

 

Kis-My-MiNT Tour at 東京ドーム 2012.4.8 [DVD]

Kis-My-MiNT Tour at 東京ドーム 2012.4.8 [DVD]

 

 

ここまで早かった。この次も早かった。

これを見たら次はコンサートに行きたいと強く思うようになった。格好いいこの子が見たい。いろんな顔のこの子が見たい。そのためならお金を払う。そう決心した。ジャニーズショップで写真を買ったのが影響した。もうお金を払ってしまったんだ。いくら払ったってもう一緒だ。今を楽しもう。

 

2014年3月、キスマイを知って2ヶ月、私はジャニヲタになりました。

 

あれから1年。すっかりジャニーズにお金を払う楽しさを知った私は次はいろんなグループのコンサートに行きたいと思うようになった。Sexy Zone中山優馬くん、ジャニーズWEST、5月頭からの10日間で4公演参戦した。どれもとても楽しかった。

この1年でいろんなジャニーズ、ジャニーズJr.も認識した。特に関西ジャニーズJr.の14年組が今気になっている。そしてジャニーズJr.の岸優太くんが気になって気になって仕方がない。おそらくそのうち全力で追いかけていると思う。*4

ジャニーズを知ったおかげで今とても楽しい。この1年貯金は減る一方だが何かに夢中になる喜びにあふれている。

姉、ファンブログ、友人。この三者が私に与えた影響はひとつひとつは小さかったが積み重なってこんなにも私を変えてしまった。人生何があるかわからない。

わからないからこそ今目の前で輝く人を追いかけようと心に思う。

 

以上、10年間コブクロを聴き続けていた女が、きっと踏み込むことはないだろうと思っていた世界に足を踏み込んでしまった話。 

この続き。いざジャニヲタになるにあたっていろいろぶち当たった壁についてはこちらをどうぞ。

mkt5296.hatenablog.jp


 【追記】せっかくあややさんが 面白そうなお題出してくれたのにもう前に書いてしまったー!!ということで前の記事にお題足し。合わせて加筆修正予定。

*1:テーマ「初詣で彼女を喜ばせる願い事」にて7位の宮田俊哉くんが冒頭に言った言葉。

*2:ジャニーズショップ

*3:Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 at 国立代々木第一体育館 2011.2.12

*4:追記:この12日後の2015年5月26日22時59分 見事予想通り担降り決行した